アロマセラピーって何でしょうか|精油について

Aromatherapy

アロマセラピーとは何か。皆さんはご存知でしょうか?

いい香りがする
スピリチュアルな感じ
リラックスできそう

色々あるとは思いますが、実際にどういうものかご存知の方は少ないかもしれません。

アロマセラピーのことをもっと知っていただきたいのでちょっとずつお話ししていきたいと思います。

アロマセラピーという言葉

まず最初に、アロマセラピーなの?アロマテラピーなの?という疑問をお持ちかもしれません。

簡単に説明すると、アロマセラピーは英語で、アロマテラピーはフランス語です。私はイギリスでこれを勉強したので、アロマセラピーと言っていますが、日本の多くの方はアロマテラピーと言っているかもしれません。

もともと、アロマテラピーという言葉が生まれたのはフランスです。「アロマ」は「芳香そして、「テラピー」は「療法でこの2語を組み合わせた造語なのです。

これを英語でいうとAromatherapyアロマセラピーとなります。

ということでこの二つは同じものですし、どちらでもいいと言えるのです(細かいことを言うと国によって意味は違いますが)。

先ほどテラピーは療法という意味ということをお話ししましたが、イギリスも含め、ヨーロッパではアロマテラピー(アロマセラピー)は医療に取り入られているところもあります。

ですが、日本では医療行為としては認められていないので、リラクゼーションや美容の道具として使われます。

アロマセラピーってなんだかあやしい

アロマセラピーの言葉の意味はわかっていただけたかと思います。が、実際はどのようなものなのでしょうか。

アロマセラピーは植物が持っている芳香成分(=香りの元)を治療に使うものです。この植物が持っている香りの成分に人を癒す(肉体的にも精神的にも)力があるということが科学的にも証明されています。

アロマセラピーで使うものには例えば、エッセンシャルオイル(精油)という、植物が持っている芳香成分を凝縮させたものやハーブなどがあります。

アロマセラピーとはただいい香りがするだけのものではないのです。きちんと体や心(脳)に科学的に働きかけているのです。

その効果のために、スピリチュアルなことに使われることもよくあるのでオカルトっぽいなどと思っている方もいらっしゃるかもしれません。

私もイギリスでアロマセラピーのことを学んだ時にスピリチュアルな分野も少し勉強することができました。香りが私たちの心に寄り添って力を貸してくれることもあるのです。でもそれもきちんと科学的な根拠があると言えます。

ただ、私たちが生きているのがなぜか、が科学的に全て解明されていないように、植物のエネルギーは私たちが思っている以上に大きな何かを持っているとは思います。

エッセンシャルオイル・精油とは

イギリスのラベンダー畑

先ほどもお伝えしましたが、精油とは植物が持つ芳香成分を凝縮させたもので、天然100%のものを指します。様々な植物の葉果皮樹脂などから色々な方法で取り出されます。

代表的な精油の採りかたは
水蒸気蒸留法
圧搾法(冷却圧搾法)

などです。

ちなみに、化粧品売り場などで売られているとっても安いものはきちんとした”精油”ではないことがあります。先ほどお伝えしたように、精油は100%植物由来のものなのです。

例えば、アブソリュートと書かれているものは、揮発性溶剤を使って芳香成分を抽出したものなので、100%植物由来と言えません。とは言え、アブソリュートの方が精油よりも香りが強いものが多いので、香りを楽しむだけであれば、アブソリュートでもいいかもしれません。
が、お顔や体などに塗布する場合はエッセンシャルオイルを使うことをオススメします。

また、ローズの精油はとても高価です。なぜかと言うと、ローズの精油を1滴採るために、50本ものバラの花が必要だからです。このように精油は植物からほんの少ししか採れないことがあります。ですが、コストを下げるために、ローズの精油に比較的安価に採れるパルマローザと言うバラの香りに似た他の植物の精油を混ぜたりしているものもあるのです。

どんな精油かの見分け方

瓶の色、材質を見る

まずは精油が入っている容器を見るだけでもわかることがあります。精油は光によって品質が劣化する恐れがあるので、必ずガラスの遮光瓶に入っています。青や茶、緑など色のついた瓶です。なぜガラスかと言うと精油の原液はプラスチックを溶かしてしまうことがあるからです。遮光性のガラス瓶に入っていないものはただ香りがついた液体の可能性があります

ラベルを見る

精油のラベルには植物名、その植物の学名原産地オーガニックかどうかテストポリシーの詳細などが記載されています。

ちなみに学名と言うのは簡単に言うと、その植物ごとにつけられている世界共通の名前です。これはイタリック体で書かれています。同じラベンダーでもその種によって含まれる成分などが違います。なので、学名で区別する必要があるのです。

例えば、真正ラベンダーの学名はLavandula angustifoliaで、野生ラベンダーはLavandula veraです。こういったものをきちんと見分け適切な精油を選ぶことがアロマセラピストには求められます

また、先ほどの写真にあったマークをご覧になりましたか?これはソイル・アソシエーションのマークです。ソイル・アソシエーションはヨーロッパでも特に厳しいイギリスのオーガニックの基準で、その基準を満たし認定されているものにつけられます。

こういったマークを知っておくのも精油を選ぶのに役に立ちます。私が主にトリートメントに使っているイギリスのアロマセラピーカンパニーの精油は全てこのマークがついているんですよ☆

精油は油ではない?!

そして、精油・エッセンシャルオイルは名前に油・オイルがついていますが、実は一般的な油=油脂とは異なるものです。また、すぐに気化してしまうので、キャリアオイルというものに混ぜて使います。

キャリアオイルとは


そして、先ほどお話しした精油を使うときに混ぜるキャリアオイルというものをご存知でしょうか?

キャリアオイルは精油と違い、油・オイルです。精油は油に溶ける性質があるので、精油を混ぜて使うことで、皮膚に成分が浸透しやすくなります。
キャリアオイルは例えば、サンフラワーオイル、スウィートアーモンドオイル、グレープシードオイル、ホホバオイルなどがあります。

ちなみにキャリアオイルはみなさんが料理に使うオイルとは別のものです。一般的に調理用の油は精製され漂白されているものなので、アロマセラピーに適した未精製のキャリアオイルを使用します。

アロマセラピーのまとめ

今日はちょっと難しいお話をしたかもしれませんが、アロマセラピーのこと少し知っていただましたか?

アロマセラピーはただいい香りのするだけのものではない!ということがわかっていただけたでしょうか( ^∀^)

サロンではきちんとした精油とキャリアオイルを使って、あなただけのブレンドでトリートメントを行います。
もっと詳しいお話を聞きたい方はぜひサロンに遊びに来てくださいね!!

ご予約はこちらから↓
ご予約はLINE@で!

Sae

10,462 views

こんにちは。北九州市小倉南区で英国式アロマセラピーを受けるなら|Colourのページへようこそ! アロマセラピストのSaeです。 私はイギリスにワーキングホ...

プロフィール

関連記事一覧