【精油辞典】ティーツリー精油の効果効能や使い方

ティートゥリーの精油について

学名 Melaleuca alternifolia
主産地 オーストラリア、中国
抽出部位
採取方法 水蒸気蒸留
ノート トップノート
香り 樹木系

アロマセラピーで使用する精油の中でも最も知られていて多くの人に使われているティーツリー。
香りはスッキリとしていてフレッシュな香りです。

ティーツリーの精油の成分と効果効能

○ティーツリーの精油の主な成分と効果効能○
【モノテルペンアルコール類】
テルピネン-4-オール
血行促進
むくみ改善
消化不良
胃のむかつき
風邪予防
殺菌消毒
【モノテルペン炭化水素類】
γ-テルピネン、α-テルピネン
抗菌
抗真菌
【酸化物】

1,8-シネオール

【その他】

カジネン、テルピノーレン、グロブロール

ティーツリーの精油は、免疫系に優れた有効性を示します。

ティーツリーの精油のおすすめの使い方・ブレンド

蒸気吸引:

むくみやセルライトにオススメのレモンの精油をキャリアオイルで薄めてマッサージオイルを作って美脚を目指しましょう♪

○ブレンド例○
キャリアオイル:サンフラワーオイルまたはホホバオイル10ml、アボカドオイル1ml
精油
※精油は全体の1%以下になるようにブレンドします(精油は一滴あたり約0.05mlです)。
(毎回1、2回分をブレンドするのがおすすめ、残ったオイルは他の部位に塗布してもOK)

皮膚に塗布:アトピー性皮膚炎に

○ブレンド例○
キャリアオイル:サンフラワーオイルまたはホホバオイル15ml
精油:
※精油は全体の1%以下になるようにブレンドします(精油は一滴あたり約0.05mlです)。
(毎回1、2回分のみをブレンドするのがおすすめ、残ったオイルは他の部位に塗布してもOK)ブレンドオイルを塗布します。
そしてゆっくりと、腸の流れ=時計回りに流すようにマッサージします。

芳香浴:花粉症に

ディフューザーがあれば簡単に芳香浴ができますよ🍃
ディフューザーは熱を使わないものがおすすめ。

○ブレンド例○
レモン、ティートゥリー、ラベンダー
※ディフューザーによって適切な使用料は異なります。

ティーツリー精油単体で使うよりも数種類をブレンドすると香りの変化を楽しめておすすめです。

水虫に

ティーツリーの精油の使用上の注意点

刺激強い
また、精油と一緒にお届けした「アロマの楽しみ方シート」にも書いていますが、以下のことに注意してご使用ください🙇‍♀️

精油は
原液を直接塗布しない
飲まない
目に入れない
子供の手の届かないところに保存する
火を近づけない

アロマセラピーはお薬ではありません。病気や怪我が治るという保証はありませんので、自己責任にて使用をお願いいたします。
持病のある方や、妊娠中や授乳中の方は特に注意して、かかりつけのお医者さんと相談しながら使っていただければと思います。
使用上の注意を守って、アロマセラピーを楽しんでくださいね😉
精油定期便について

Sae

21,213 views

こんにちは。北九州市小倉南区で英国式アロマセラピーを受けるなら|Colourのページへようこそ! アロマセラピストのSaeです。 私はイギリスにワーキングホ...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。